LAND&HOMES

農を通じて瀬戸内の味覚をお届します。
本所
広島県呉市豊町大長5915-8
Tel 0823-66-2011
 
 

概 要

写真       写真        

 
JA広島ゆたか管内は、瀬戸内海の芸予諸島の中にあり、広島県の最南端に位置し平均気温は15.5度、年間雨量は約1200mmです。明治35年(1902年)青江早生みかんの栽培が当地で始まり、その後日本で初めて動力式柑橘選果機が導入され、みかんの缶詰製造も最初に行われました。
 特徴としては、「耕して天に至る」を合言葉に、急峻な山の頂上まで石積み(段々畑)を築き、さらには規模拡大の為、みかん船による出作が行われた開拓精神の旺盛な産地です。  平成元年に、大崎下島地区(大崎下島農協、豊町農協、豊島農協)さらに平成13年には大崎上島地区(大崎上島農協、木江町農協)とが合併し、現在の「JA広島ゆたか」に至っています。
   
正式名称 広島ゆたか農業協同組合
代表者 代表理事組合長  横本 正樹
本所 所在地  〒734-0301
  広島県呉市豊町大長5915番地8 

【JA広島ゆたかの沿革と主要な出来事】
 平成元年4月

 豊町農業協同組合、大崎下島農業協同組合、豊島農業協同組合が合併により広島ゆたか農業協同組合設立。

   
 平成3年9月  台風19号襲来、みかん園地に甚大なる被害をもたらす。
塩害により350haが枯死。
   
 平成4年3月  台風被害園地再生に苗木30万本を植栽。
 
 平成4年10月   大崎下島選果場、豊島選果場を統合し大長選果場に選果施設を集約。
   
 平成6年8月  Aコープ久比開店
   
 平成10年9月  Aコープ豊島開店
   
 平成10年10月  大長選果場光センサー選果機導入。
   
 平成13年4月  広島ゆたか農業協同組合、大崎上島農業協同組合、木江町農業協同組合が合併により広島ゆたか農業協同組合を設立し現在に至る。
   
 平成15年9月  第48回全国柑橘研究大会開催
   
 平成16年9月  花かご館開店(大崎上島地区)
 
 平成18年4月  本所、グリーンセンター開店
   


 概況(平成26年度期末現在)
組合員数   正組合員数  2,487名
   准組合員数  3,135名
  
 役職員数  
   役員数  18名(内女性理事2名)
   職員数   158名
  
 出資金  588,195千円
 貯金残高  29,685,408千円
 貸出金残高 943,191千円
 長期共済保有高 90,746,470千円
 販売取扱高 1,117,518千円
 購買取扱高 1,491,109千円
  
 事業所 
 本所  本所 グリーンセンター
 JA支所   中野支所  明石支所  内浦支所
 JA事業所  沖友事業所  久比事業所  大浜事業所  山崎事業所  大串事業所
 原田事業所 東野事業所  木江事業所  沖浦事業所
 Aコープ店  Aコープ豊島店  Aコープ久比店  Aコープ豊町店
 Yショップ店  中野(JACK)  明石  木江  山崎 
 ギフト店  花かご館(中野)
 選果場  大長選果場 (大崎上島選果場は大長選果場に統合いたしました)



 経営理念
  
●JA広島ゆたかは、農業振興を通じて、「食」と「農」と「緑」を守り、かけがえのない自然を次世代に引き継ぎます。
JA広島ゆたかは、地域のみなさまとともに生き、地域のみなさまとの共感の中で、心ふれあう地域づくりに取り組みます。
●JA広島ゆたかは、高い倫理観と責任感を持ち、地域社会に貢献できる事業と組織作りに取り組みます。


 
経営方針
●営農・経済事業部門
 地域の環境と実態に即した農業振興に努め、多様な担い手づくりと多彩な産地づくり、消費者の視点に立った安全・安心な農畜産物の生産と提供に取り組みます。当JAでは、市町村と連携し、認定農業者の育成や集落営農の推進、農業生産法人や特定農業団体の設立の推進を図ります。さらに、販売力の強化と営農経済渉外員の活動の充実、流通コストの低減等に取り組み、農家所得の向上を図ります。

●信用事業部門
 組合員・利用者の満是度向上を目的とした事業展開を図り、「農業と地域に貢献できる地城金融機関」として、より「便利」でより安心なJAバンクをめざします。この目標の達成に向け、信頼されるJAを徹底的に追求した活動を展開し、収益力の向上と顧客基盤の拡充を図るとともに、事業推進体制の強化に取り組みます。

●共済事業部門
 JA共済は、地域に根ざした農業協同組合の共済事業として、組合員等利用者一人ひとりのライフサイクルやライフスタイルに応じた「 ひと、いえ、くるま」の生活総台保障を提供し、地域における満足度・利用度 No.1をめざします。



 
経営管理
経営執行体制
 当JAは農業者により組織された協同組合であり、正組合員の代表者で構成される「総代会」の決定事項を踏まえ、総代会において選出された理事により構成される「理事会]が業務執行を行っています。また、総代会で選任された監事が理事会の決定や理事の業務執行全般の監査を行っっています。
 組合の業務執行を行う理事には、組合員の各層の意思反映を行うため、青年部や女性部などから理事の登用を行っています。また、信用事業については専任担当の理事を置くとともに、農業協同組合法第30条に規定する常勤監事及び員外監事を設置し、ガバナンスの強化を図っています。



JA広島ゆたかの位置
                                                         (TOPへ
 
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



Copyright c 2015 JA Hiroshima Yutaka All Rights Reserved.